ビューティーコラム

ダイエット

理屈を知れば納得!夜食べるとNGな理由とは?

午後22時〜午前2時の夜食は絶対にNG!

ダイエットをしている女性の間では、夜食はNGであることはもはや常識になっています。
しかし、何時までに食べ終えればいいのか、また、夜食は何がいいのかなど、人それぞれ異なります。

そもそも、夜食べると太りやすい理由を、明確に知っている方は少ないのではないでしょうか。そこで、今回は、夜食べるとなぜ太りやすいのか、そのメカニズムをご紹介します。

午後22時~午前2時までの時間帯は絶対に夜食はNG!

あるタレントさんは、午後18時以降は一切食事を取らないダイエット法で、見事、減量に成功したといいます。
果たして、この18時という時間には、どのような根拠はあるのでしょうか? 
きっと、人によって19時以降は炭水化物を食べない、21時以降は一切食べないなど、色々なルールを決めてダイエットをしていることでしょう。

実は、研究によれば、最も太る時間帯は、「夜22時~午後2時」だということが分かっています。その根拠は、脂肪を溜め込む遺伝子が最も分泌が多くなること。その遺伝子の名前は「BMAL1(ビーマルワン)」。 
一日を通して分泌量を比較してみると、午後15時にほとんど体内にはないのに対して、午後22時~午前2時までの時間に多く分泌されているのだそう。

BMAL1の分泌が高まる、この魔の時間帯に食事をしてしまうと、食べたものがしっかりと脂肪として蓄えられてしまうのです。そうと知れば、22時以降は絶対に夜食を食べたくありませんね!

夜に向かうにつれて、どんどん増えていくBMAL1

BMAL1は夜間に分泌される

BMAL1は、午後22時~午前2時までの間に、最もピークを迎えます。
しかし、油断してはならないのは、人間の身体は、このピークの時間に向かうにつれて、どんどんBMAL1の分泌量が増えていくということ。

よって、食事を取るのが「夜遅くなればなるほど太りやすい」ということがいえます。逆に言えば、夕食は早めに済ませれば済ませるほど、太りにくいというわけです。

ただし、一点注意が必要なのは、不規則な生活をしているとBMAL1が常に高い状態になること。BMAL1は、体に備わる「体内時計」の調節に関係しているので、体内時計が乱れると、BMAL1の分泌が高まります。
常にBMAL1が働いている状態だと、いつ食べても脂肪を溜めやすくなってしまう体ということ。早寝早起きをして、規則正しい生活をすることは、夜遅くに食べないダイエットをする上で、大前提といえます。

夜の耐え難い空腹…どうやって対処する?

とはいえ、早く夕食を済ませてしまうと、どうしても夜の空腹がやってきます。夜遅くまで残業をすることが多い場合は、特にきついですよね。

そこでおすすめなのが、夕方におにぎりやパンなどの腹持ちのいいものを食べておくこと。そうすれば、21時以降に帰宅することになっても、それほど空腹は感じないでしょう。
少し何か食べたいなと思っても、野菜やスープなど低カロリーのもので済ませることができます。

夜、最も脂肪になりやすい午後22時以降のことをよく思い出して、無理をせず、上手に夜食を減らしていければいいですね。色々と工夫してみると、きっとダイエットも楽しくなってきますよ!

ダイエット一覧に戻る