ビューティーコラム

ヘルスケア

美肌には温度が関係している? お風呂の適温教えます

睡眠とお肌の関係

美を追求するみなさんは、きっと美容やダイエットのために、毎晩のバスタイムにそれぞれの工夫をしていることでしょう

半身浴や岩盤浴、お風呂でのマッサージや肌をやさしく洗うなど、色々な美容法があります。そんなお風呂の美容法の一つに、今回のお話も加えてみてください。
きっとバスタイムがもっと楽しくなりますよ!

お風呂のお湯の温度で、肌の調子が決まってくる?!

毎晩のお風呂。みなさんはどんなスタイルで過ごしていますか? 
ぬるま湯にゆっくり浸かってリラックスするのが好きという方や、熱いお湯に浸かって意図的に体温を上昇させて全身をすばやく活性化させるのが好きという方など、それぞれでしょう。

けれど、その何気なく決めているお風呂のお湯の温度が、美肌にかかわることをご存知でしたか? 確かに肌はお湯に浸かるだけで、表面が水分で満たされてしっとりしますが、実はその効果も、お湯の温度によって変わってくるのです。

美肌にとっての適温とは?

ずばり、美肌づくりのために最適な温度は、「38度~41度」くらいの、少しぬるいかなと感じる程度だといわれています。
避けたいのは、42度以上の熱すぎるお湯に浸かること。まず、熱いお湯は肌に強い刺激になってしまいます。

熱いお湯に浸かると肌がひりひりするような感覚がありますよね。けれど、刺激というのはその感覚のことだけでなく、肌の皮脂を洗い流してしまうことも、大きな弊害。皮脂は、水ではなかなか溶けにくいのですが、熱いお湯だと溶けて流れてしまうのです。

肌表面にある皮脂は、肌のうるおいをキープするために欠かせないもの。外界からの刺激から守ると同時に、肌内部の水分も守ってくれているのです。
この大事な皮脂が奪われてしまわないように、皮脂が溶けないぬるま湯に浸かるようにしましょう。

入浴の効果を再確認!

実は、何気なく行っている入浴には、他にもさまざまな美肌効果があるのです。
湯の熱や、水圧によって血行が促進され、体が温まります。すると、毛穴が開いてきて、皮脂の分泌が活発になると共に、皮膚の表面に残っている汚れや雑菌などが除去しやすい状態になります。
余分な汚れがキレイになるので、肌が清潔な状態にもなるのです。

もちろん、血行が促進されれば、肌細胞も活発になり、いわゆる肌の新陳代謝(ターンオーバー)にいい影響がもたらされます。
毎晩、きちんとお風呂に浸かれば、肌細胞が順調に生まれ変わり、ピカピカの肌状態をキープできるでしょう。

入浴の効果を知ると、改めてすごいことが分かりますね。
お風呂はリフレッシュ効果もあるので、心身共に良い影響があり、美しくなることができる大事な時間。ぜひ湯温にだけは気を付けて、実践してみてくださいね。

ヘルスケア一覧に戻る