ビューティーコラム

ヘルスケア

あなたは寒い?暑い?エアコン温度をめぐる仁義なき戦い!? 冬のオフィス大戦争を徹底解剖

顔・首マッサージで美肌?!

冬のオフィスでは、寒がりの人と暑がりの人とで熱い戦いが繰り広げられています。快適と思う室温は人それぞれ。暖房の温度や風量を変えるにしても、慎重に行わなければ職場の人間関係にも影響を与えかねません。
そこで、オフィスで繰り広げられている設定温度の攻防戦や、そこから垣間見える人間模様について徹底調査しました。

冬のオフィス「冷え」との戦い、その対処法は?

Qオフィスの設定温度に不満はある?

オフィスの室内の温度設定に、「不満がある」「どちらかというと不満がある」と、何かしらの不満があると答えた人は、全体の48.6%と5割近くにも上りました。「どちらかというと不満がある」と答えた人が全体の32.8%と最も多く占めていることから、「口にするまでもないけれど、なんとなく不満」という潜在的に問題を感じている現状がうかがえます。

では、具体的にはどのような不満があるのでしょうか?

Qあなたのオフィスは寒い? 暑い?

オフィスの温度設定に対して「寒い」「どちらかといえば寒い」と答えた「寒い派」は57.3%。「暑い」「どちらかといえば暑い」と答えた「暑い派」の人は42.6%と、やや寒い派が多い割合を占めましたが、ほぼ真っ二つに分かれました。

この結果から、「寒い派」と「暑い派」の温度設定をめぐる攻防戦が起きていることが想像できます。 寒い派からは、「足元が寒い」という回答が多く、暖房が効いていても寒さを感じているようです。一方、暑い派からは「冬なのに汗だくになる」ほど、暖房の設定温度の高さに不満を感じているようでした。

Q寒い派と暑い派の争い勃発?
オフィスの温度設定をめぐるエピソード
  • 営業が戻るとエアコンの温度設定を変える(46歳/女性) 
  • こそっと消していると、知らぬ間に高温設定で暖房が入っている(38歳/男性)
  • 暑がりの上司に合わせた設定になっているが、外出した隙に温度を変えている(30歳/女性) 
  • 収集がつかないので総務課が管理することになった(48歳/男性)

寒い派と暑い派がほぼ半分ずつ存在するオフィスでは、実際にエアコンの温度設定をめぐる争いは起こっているのでしょうか?この問いに対してエアコンの温度設定をめぐる争いが「ある」と答えた人は、なんと40.7%も!
実際、オフィス内では、暖房の温度を上げ下げする、いたちごっこのような攻防戦が繰り広げられているようです。また、密かに温度設定を変える人や、上司や極端に暑がり・寒がりの人の言い分に我慢しなければいけない人がいるなどと、水面下では激しい争いが起こっていることが分かりました。

オフィスの温度設定をめぐるエピソード
  • 着ぶくれするまで着こむ(49歳/男性)
  • こっそり温度を変える(39歳/男性) 
  • 足元に自前で暖房を置いている(46歳/女性) 
  • ひざかけと靴下2重履き(33歳/女性)
  • スーツの上着の着脱で対応(46歳/男性)
  • 外に出て空気を吸う(23歳/男性)

「寒い派」「暑い派」それぞれが不満を抱え、温度設定をめぐる争いにまで発展しているオフィスでは、どのような対策が取られているのでしょうか?多くの人は、衣服や防寒具で調整しているようです。寒い派の人にとって、ひざ掛けは必須。中には、足元に小さい暖房器具を置いている人もいました。暑い派は、上着を脱いだり、ミニ扇風機を使ったりして対処しているようです。

今回の調査では、温度設定をめぐる戦いが繰り広げられているオフィスの現状が見えてきました。
一日の大半をオフィスで過ごしているデスクワークが多い仕事の人にとって、環境が悪いことは、不快に感じるだけではなく、温度設定をめぐるトラブルによる人間関係の悪化や仕事の質の低下にもつながりかねません。
少しでも快適に仕事ができるように、寒い派、暑い派のみなさんそれぞれが色々と工夫している様子がうかがえました。
あなたのオフィスでも参考にしてみてはいかがでしょうか。


【調査概要】
調査タイトル:冬の環境についてのアンケート
調査期間:2014年11月28日~11月30日
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:20歳~49歳の社会人男女300人

ヘルスケア一覧に戻る