ビューティーコラム

スキンケア

美容食として注目を浴びている亜麻仁油の使い方

亜麻仁油

今、スーパーフードと呼ばれる食材が多くの女性に注目を浴びていることをご存知ですか?アサイーやキヌア、チアシードなどきっと聞いたことのある方が多いのではないでしょうか。

中でも亜麻仁油は、女性ホルモンの働きにいい影響をもたらすだけでなく、アンチエイジングにも最適な効果が見込める、まさしくスーパーフード!

生活に楽しく取り入れるために、美味しく見た目も華やかになる亜麻仁油の使い方もご紹介します。

○美容食「亜麻仁油(あまにゆ)」とは?

亜麻仁油(あまにゆ)とは、「亜麻」と呼ばれる植物の種子から抽出される油のことをいいます。
亜麻は、古代エジプトや古代ギリシャの時代から健康食として認められていたもので、亜麻の種子に胃腸の不調改善効果があることから、あの有名な古代ギリシャのヒポクラテスが栽培を推奨していたといわれているものなのです。「医学の父」が勧めるフード。スーパーフードにはふさわしい食材といえそうです。

亜麻仁油は、油としてはとても特徴的な性質を持っています。普通、油は水になじみませんが、亜麻仁油は、水と乳化することができます。そのため、卵アレルギーの方向けに、卵の代わりに焼き菓子に入れて混ぜるという使い方もされているのです。

○亜麻仁油の美容効果

亜麻仁油には、色々な健康効果があるといわれています。中でも、美肌効果には注目です。亜麻仁油には、αリノレン酸がたっぷり含まれているのが特徴です。αリノレン酸は、体内では作ることができない必須脂肪酸で、オメガ3系に当たる油だといわれています。

効果は、肌荒れや乾燥肌の改善、女性ホルモンに似た働きなどがあります。αリノレン酸は、良質で柔らかい細胞膜を作ってくれ、潤い肌には欠かせないセラミドが増えるともいわれています。また、皮膚からの水分蒸発を防ぐ効果もあるといわれているので、美肌にはぴったりの油といえます。

亜麻仁油の美味しい摂り方

亜麻仁油でサラダ

亜麻仁油は、酸化のスピードがとても速いといわれているので、短時間で使い切る必要があります。
熱に弱いところもあるので、サラダ油のように熱して使うのではなく、そのまま飲んだり、サラダにかけたりといった使い方に向いています。よく、ドレッシングとして亜麻の実と亜麻仁油を混ぜてかけるという食べ方もされます。

おすすめは納豆に亜麻仁油をかける食べ方。まぐろやオクラ、卵黄などをトッピングして豪華にすると立派なおかずになりますよ。ねぎを加えるとますます美味しさが増します。

その他、パンナコッタ、中華粥、スープパスタ、うどんなどにかけて食べるのも斬新でおすすめです。見た目も華やかになって、ますます美味しく食べられますよ!

特にお肌の乾燥が気になるときには、亜麻仁油の効果を存分に享受するために、積極的に使ってみてください。

スキンケア一覧に戻る